/

この記事は会員限定です

札幌市内の全飲食店に時短要請、6度目は初の一律

[有料会員限定]

北海道と札幌市は札幌市内の全飲食店に2月中旬まで、営業時間の短縮を要請する方向で調整に入った。午後10時までに閉店する代わりに1店舗あたり1日2万円、最大で約60万円の協力金を給付する案が有力だ。緊急事態宣言の対象に7府県が追加され、北海道も厳戒態勢を維持する。

14日にも発表する。これまでの要請では「接待を伴う飲食店」や「酒類提供店」、「すすきの地区」などと分類して異なる要請をしており、一律で全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン