/

この記事は会員限定です

こんにゃく入りの「代替肉」 茂木食品工業

Bizブックマーク

[有料会員限定]

こんにゃくメーカーの茂木食品工業(群馬県下仁田町)は、完全菜食主義者(ビーガン)などが好む「代替肉」の商品開発に力を入れる。動物性の肉由来の成分を極力使わず、大豆やこんにゃくなどを練り込んで作る。こんにゃくの需要が低迷するなか、メーカーの新たな挑戦に注目が集まる。

同社は今春、代替肉で3種類目となるハンバーグ・パティの販売を始める。大豆やおから、こんにゃく粉などを原料にした。ひき肉などで作った通常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン