/

首都圏知事、国に飲食店以外も支援要望 首相らと会談

埼玉、千葉など1都3県の知事は12日、菅義偉首相、西村康稔経済財政・再生相らと首相官邸で新型コロナウイルス対策について会談した。知事側は緊急事態宣言下で時短営業を要請している飲食店の関連事業者らへの支援、要請の対象外ながら時短の呼びかけに応じた遊興施設への財政支援拡充などを求めた。

 首相との会談を終え、取材に応じる1都3県の知事。(右から)埼玉県の大野元裕知事、千葉県の森田健作知事、東京都の小池百合子知事、神奈川県の黒岩祐治知事=12日午後、首相官邸

埼玉県の大野元裕知事は「首相から事業者支援への言及もあり半歩前進した。人の流れを止めつつ、経済支援についても国と協議していきたい」と述べた。

千葉県の森田健作知事は8日に始めた外出自粛要請について「県民の9割くらいは協力いただいているが、よりお願いをしないといけない」と行動抑制の必要性を強調。その上で「持続化給付金など従来の制度拡充、新たな支援制度の構築もお願いした」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン