/

この記事は会員限定です

ソバ栽培のかまくらや 「農福連携」へ新会社 

[有料会員限定]

耕作放棄地を活用したソバ栽培を手掛ける、かまくらや(長野県松本市)は農業分野で障害者を雇用する子会社を設立した。ニンジンやワサビといった新たな作物を栽培・加工する。現在の主力作物であるソバは外食比率が高く、新型コロナウイルス禍の影響を受けている。栽培品目を増やしリスクを分散すると同時に、農業を通じて障害者が活躍できる場を生み出す「農福連携」の実現を目指す。

障害者雇用に向けて「安曇野みらい農園」(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン