/

信越の1~3月の景況感再び悪化、新潟・長野財務事務所

新潟・長野両県の財務事務所は12日、1~3月期の法人企業景気予測調査を発表した。全産業の景況判断指数(BSI)は新潟県内がマイナス30.5で、長野県内がマイナス16.4だった。新型コロナウイルスの感染再拡大や大雪の影響で、両県内の景況感は再び悪化した。

BSIは景況感が前期と比べて「上昇」と答えた企業の割合から、「下降」の割合を引いて算出する。両県とも調査は2月15日時点。新潟県内は211社中177社、長野県内が188社中152社から回答を得た。

全産業のBSIは長野県内が前期に比べて25.5ポイント悪化し、2期ぶりに「下降」が「上昇」を上回った。非製造業からは「首都圏で緊急事態宣言が発令された影響で、本来なら期待できるスキー客が大幅に減少した」との声が聞かれた。新潟県内は大雪に見舞われた影響もあり、BSIは30ポイント悪化した。

一方、4~6月期のBSI(全産業)は両県ともに改善する見通し。新潟県内はマイナス2.3、長野県内は0.7を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン