/

この記事は会員限定です

大信州酒造、ファン作りに会員制度 年会費7万円も

[有料会員限定]

酒造会社の大信州酒造(長野県松本市)は2021年春から有料会員制度を導入する。年会費が税別4万円と同7万円の2種類のコースを用意。会員には限定酒を配ったり、特別な行事に招いたりする。新型コロナウイルス禍で酒販店を通じた従来型の消費者との交流が難しくなるなか、同社の日本酒を熱心に支持してくれるファン層を広げ、今後の酒造りや販促活動にも生かす。

満20歳以上の個人を対象に会員を募る。年会費が税別4万円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン