/

この記事は会員限定です

劇団たんぽぽ代表上保節子氏 子供たちに夢と希望を

焦点この人に聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は芸術界にも影を落とした。70年以上にわたり全国の小学校で児童劇を披露している劇団たんぽぽ(浜松市)は、相次ぐ公演の中止により設立以来初めて存続の危機を経験した。それでも上保節子代表は「子供たちに夢と希望を届けたい」と力を込める。今の思いや今後の取り組みについて聞いた。

――2020年をどう振り返りますか。

「非常に困難な一年だった。予定していた全国の小学校での公演は春...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン