/

千葉興業銀行、4月から副業解禁 県内地銀初

千葉興業銀行は4月から行員に副業や兼業を認める。資格や趣味の技能を生かした講演や教室、地域活性化に関わる仕事などを想定しており、普段の業務では得られない経験を積んで本業に生かしてもらう狙いだ。

千葉県内の地銀が副業を解禁するのは初めて。育休など長期休業中の行員を除く全員を対象とする。個人事業、もしくは他社からの業務委託であることと、事前に申請が必要だ。

地銀では取引先企業へのコンサルティングなど、行員の知識や経験がより求められる業務が増えている。行員からも副業をしたいとの声が寄せられていたこともあり、解禁に踏み切った。人事部は「様々な挑戦をする機会を設けて行外にも視野を広げてもらい、本業に生かしてほしい」と期待を寄せている。

県内では京葉銀行も4月をめどに副業を解禁する予定で、千葉銀行でも解禁に向けた検討が進んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン