/

野沢温泉スキー場、新ゴンドラリフトを竣工

野沢温泉スキー場(長野県野沢温泉村)は11日、新たなゴンドラリフトの竣工式を開いた。山頂までの時間を従来の約半分に短縮し、利便性を高めた。同スキー場は今シーズンから初めて降雪機も導入した。設備投資を通じて、村の主力産業の活性化につなげる。

長坂ゴンドラリフトは麓の「長坂駅」と山頂の「新やまびこ駅」を片道約8分で結ぶ。全長は3129㍍で、線路の高低差は789㍍。キャビン1台の定員は10人で、80台を用意した。建設費は約30億円。

近年の暖冬で雪不足が深刻化するなか、同スキー場は今シーズンから22台の降雪機も導入した。初冬から春先までの安定的なスキー場運営を目指す。富井俊雄村長は「これからも村の観光産業として、このスキー場が生き続けることを期待したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン