/

この記事は会員限定です

長野県栄村「3.12」から10年  震災復旧・復興の次へ

長野県北部地震で震度6強

[有料会員限定]

長野県栄村議会は10日、2021年度当初予算案を可決した。一般会計の総額は26億1000万円で、今年度当初比で11・8%の減額とした。新型コロナウイルスワクチンの接種や、4月に予定されている村議会議員選挙の経費などのプラス要因を抑えて大幅な減額としたのは、「(規模を)震災前の水準まで戻そう」という強い思いからだ。

長野県と新潟県の県境付近を震源とするマグニチュード6・7の長野県北部地震が起きたのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン