/

山梨県で変異ウイルス疑い例 知事、接触者含む検査指示

山梨県は10日、新型コロナウイルスの変異ウイルスと強く疑われる事例が県内であったと発表した。最終的な判定のため、国立感染症研究所に検体を送っているという。長崎幸太郎知事は「念のため、接触者を含めて幅広い検査をするよう指示した」と明らかにした。

変異ウイルスと疑われる事例について説明する山梨県の長崎幸太郎知事(10日、甲府市内)

県立中央病院を受診して新型コロナへの感染が確認された患者の検体について、同病院が独自にゲノム(全遺伝情報)解析をしたところ、変異ウイルスと疑われることが判明したという。患者は県内の医療機関に入院している。行動歴などは調査中だが、現時点で感染の拡大は確認されていないという。

長崎知事は「基本的な感染防止対策はこれまでと変わらない」と述べ、改めて感染対策の徹底を県民に呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン