/

河合楽器、21年3月期上方修正 42%減の9億円

河合楽器製作所は10日、2021年3月期の連結最終損益が前期比42%減の9億円の黒字になりそうだと発表した。5億円の赤字としていた従来予想から上方修正した。売上高は8%減の655億円を見込み、630億円の予想を引き上げた。電子ピアノを中心とした楽器の販売回復を反映した。

あわせて発表した20年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比67%減の6億5600万円、売上高が12%減の470億円だった。新型コロナウイルスの影響で国内外で音楽教室を休講したことなどが響いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン