/

コシダカHD、大庄からカラオケ店譲り受け 店舗数1割増

コシダカホールディングス(HD)は10日、居酒屋「庄や」を運営する大庄から「カラオケ歌うんだ村」などカラオケ事業の43店舗を譲り受けると発表した。コシダカHDは2021年2月末時点で「まねきねこ」などカラオケ店536店舗を運営しており、店舗数がさらに1割程度増える見通しだ。

コシダカHDは積極出店を続ける(前橋市のカラオケまねきねこ前橋本店)

新規出店と異なり営業可能な店舗を取得するため、「短期間の投資回収を図り中期的な利益貢献を期待する」(コシダカHD)とコメントしている。同社は新型コロナウイルス禍でも積極出店を続けており、20年9月~21年2月期には全国17店で新規出店していた。

譲渡価格については非公表とした。大庄のカラオケ事業は50店舗あり、その大半をコシダカHDが譲り受ける。対象となった43店舗のみを抽出した20年8月期の売上高は23億円、20年12月末時点の資産(簿価)は8億700万円だった。43店舗のうち、32店舗は首都圏に位置する。

事業譲渡は21年4月30日付を予定している。コシダカHDは「21年8月期の連結業績に与える影響は軽微」とし、業績予想は21年1月以来「未定」を据え置いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン