/

「ゲノム編集食品」国が初承認 トマト流通へ

(更新)

遺伝子を効率よく改変するゲノム編集技術を使い開発したトマトが、国内初の「ゲノム編集食品」となる見通しとなった。厚生労働省は11日、専門家会議を開き、筑波大学と同大発スタートアップ、サナテックシード(東京・港)のゲノム編集トマトについて安全性に問題ないと判断した。同社は同日、販売・流通を厚労省に届け出た。

開発したトマトは人の血圧上昇を抑える働きがある物質「GABA(ギャバ)」を豊富に含む。ゲノム編集技術でGABAの量を制限する遺伝子の一部を壊して含有量を増やした。

ゲノム編集で血圧を下げる作用がある成分を増やしたトマト(筑波大学・江面浩教授提供)

ゲノム編集技術は特定の遺伝子を壊すことができる。作物がもともと持つ遺伝子を改変するので安全性が高いとされる。味や栄養などを高めた品種が短期間に作り出せる利点がある。厚労省は2019年10月、遺伝子を壊したゲノム編集食品は従来の品種改良と差がないと判断し、事業者が届け出る制度を新設した。

ゲノム編集では外部から別の遺伝子を導入することも可能だ。この場合は従来の「遺伝子組み換え食品」と同じ扱いで、食品衛生法上の安全性の審査が必要になる。

11日の専門家会議では、同社が提出したデータをもとに、開発した食品が制度の対象になるかを審査した。販売・流通を届け出て認められても、供給体制などを整えるため、市場に流通するには時間がかかるとみられる。

ゲノム編集食品は海外では既に開発済みで、日本でも収穫量が多くなるように品種改良したイネや肉付きのよいタイなどが開発されている。2020年のノーベル化学賞は、狙った遺伝子を非常に高い精度で操作するゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を開発した研究者2人が受賞した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン