/

埼玉のやきとりチェーンのひびき、破産手続き開始

やきとりチェーンひびきを運営していたHM管財(埼玉県川越市、旧ひびき)が東京地裁より破産手続き開始の決定を受けていたことがわかった。2019年8月に資金繰りの悪化から77億円の負債を抱えて民事再生法の適用を申請していたが、20年11月に再生手続きが廃止となっていた。

旧ひびきは店舗や事業の急拡大で人件費やM&A(合併・買収)の費用が膨らみ、資金繰りの悪化から民事再生法の適用を申請。その後、売り上げや資産の水増しなどによる粉飾決算や、不適切な資金調達も判明していた。6月に会社分割を行い、同業他社による新会社が事業を引き継いでいる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン