/

この記事は会員限定です

首都圏自治体、図書館や美術館でデジタルサービス拡充

[有料会員限定]

首都圏の自治体が図書館や美術館など文化施設のオンラインサービスを拡充している。新型コロナで外出自粛の動きが続くなか、来館しなくても本や展示内容に触れられるようにする狙いだ。新たな利用者の獲得や運営コストの削減という効果が出ている施設もある。

千葉県の四街道市立図書館は2月から、市内在住・在学・在勤の人を対象に電子図書館サービスを始めた。特設サイトで個人情報を入力してログインすると、電子書籍を一人2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン