/

秋田三菱自販売、災害時にPHEVを秋田県に貸与

秋田三菱自動車販売(秋田市)と三菱自動車は10日、秋田県と災害時に電動車両を無償貸与する協定を結んだ。プラグインハイブリッド(PHV)車「アウトランダーPHEV」や「新型エクリプス クロスPHEV」を貸し出し、避難所などでの電力供給に活用してもらう。県は大規模停電などに備え、防災対応を強化する。

2車種ともガソリン満タンで一般家庭の約10日分に相当する電力を供給できる。秋田三菱自動車販売は試乗車として使っている8台を災害時に秋田県に貸し出す。

10日の協定締結式で、三菱自の若林陽介執行役員は2019年の台風15号に伴う千葉県の大規模停電発生時に、福祉施設の洗濯機や乾燥機を動かすのに同社の車両が役に立ったと紹介した。秋田県の佐竹敬久知事は「風水害などに伴う停電は頻繁に発生し、福祉施設や病院などで役に立つ」と歓迎した。三菱自が全国の自治体と同様の協定を結ぶのは秋田県で94例目という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン