/

この記事は会員限定です

包丁から豆腐店までディレクション デザイナー堅田氏

多彩人財

[有料会員限定]

金属加工で有名な新潟県の燕三条。地域でものづくりを学んだ堅田佳一氏(37)は、包丁のデザインから美容院の内装、豆腐店のブランド戦略まで手がける気鋭のデザイナーだ。商品開発にこだわらず、会社の課題解決に取り組む。

堅田氏は神戸市出身で大学は甲南大学理工学部と関西育ち。家電デザインを手掛けていた父親の影響でプロダクトデザイナーを志す。学生時代、大阪のデザイン事務所にアルバイトとして入り、その後就職した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン