/

この記事は会員限定です

千葉・長生村のながいきそば、耕作放棄地生かし新名物に

ふるさと納税 わがまちの逸品

[有料会員限定]

房総半島東部の太平洋に面した千葉県長生(ちょうせい)村は県内唯一の村で、アイガモ農法による米作りが盛んだ。しかし、ご多分に漏れず離農が増えている。広がる耕作放棄地で生産を始めたのが「ながいきそば」だ。村名にちなんだネーミングの妙もあり、ふるさと納税の返礼品でも人気を高めている。

「香りが良く甘みもあって味は負けません」。そばの生産を主導する農事組合法人ながいき集落営農組合の木島敬二代表理事は胸を張...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン