/

MV東海の21年2月期、81%増益 巣ごもり需要取り込む

マックスバリュ(MV)東海が9日発表した2021年2月期の連結決算は、純利益が前の期比81%増の53億円、売上高にあたる営業収益は31%増の3559億円だった。純利益、営業収益ともに過去最高となった。新型コロナウイルス禍を受けた巣ごもり需要を顕著に取り込んだ。新規出店も営業収益を押し上げた。

20年3月~21年2月には、重点出店エリアとしている静岡県中西部と愛知県三河地域を中心に8店舗を開業した。オンラインで注文を受けた商品を届けるネットスーパーの取り扱いも増やした。地元の食材を生かし、管理栄養士が監修した新商品を開発するなど、商品ラインアップを拡充した。

22年2月期の連結業績は、純利益が前期比20%減の42億円、営業収益は3%減の3460億円となる見通し。巣ごもり需要の一服による反動減を織り込んだ。小型店を中心とした新規出店や商品力の強化を続ける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン