/

この記事は会員限定です

サンクゼール 和の加工食品で米国開拓 現地文化と調和

地域発世界へ

[有料会員限定]

加工食品のサンクゼール(長野県飯綱町)が、米国市場への展開を加速している。和風だしやユズなど日本の食材を、現地の食文化に合うようアレンジして提案する。現地に工場を持つ強みも生かし、値ごろな価格帯で市場への浸透を目指す。

1年前、サンクゼールは米スーパー大手コストコで大きな一歩を踏み出した。コストコの店舗には「久世福商店」と漢字で書かれた段ボール箱を並べた棚に、和風のだしパックがずらりと並び始めてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り956文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン