/

鉄道延伸、街づくりの推進求める 埼玉県の検討会議

埼玉県内における公共交通のあり方を議論する県の公共交通の利便性向上検討会議は9日、延伸の是非が議論されている埼玉高速鉄道、都営大江戸線など鉄道3路線についての基本的考え方をまとめた。特に埼玉高速鉄道については沿線の潜在的需要が見込めることから、さいたま市岩槻区など沿線の街づくりを推進するよう求める。

同会議はこれまでの議論を取りまとめ、今年度中に大野元裕知事に報告書を提出する。委員長を務める久保田尚・埼玉大大学院教授は「各路線で強みと弱みを抱えているが、それぞれ延伸の可能性がある」と述べ、県や関係自治体による今後の具体的な施策に期待を示した。

会議資料によると、最も議論が進んでいる埼玉高速鉄道については周辺に埼玉スタジアムや目白大学などの施設を抱えることから、「需要創出につながるポテンシャルがある」と指摘。今後は延伸の議論となっている浦和美園―岩槻間のまちづくりや地域振興策が必要とされている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン