/

この記事は会員限定です

八戸の水産加工が「水福」連携 障害者就労支援施設と

[有料会員限定]

水産加工のヤマヨ(青森県八戸市)は障害者就労支援施設を運営する、はちのへ東奥朝日ソリューション(八戸市)と水産と福祉の連携を始めた。現在10人の障害者が働いている。農業と福祉の連携を進める企業は増えてきたが「水福」連携は珍しい。ヤマヨの藤田和弘社長は「障害者の人たちは重要な戦力。生産現場の効率が向上した」と話す。

ヤマヨは1933年創業。大型漁船を所有している時期も長かった八戸でも有力な水産加工会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン