/

「キャベツウニ」商標登録 神奈川県の水産技術センター

神奈川県水産技術センターは、ムラサキウニをキャベツで飼育した「キャベツウニ」が商標登録されたと発表した。天然に比べ甘味成分が多く磯の臭いが少ないのが特徴で、周知や販売促進に生かす。

10月21日付で生鮮のウニや加工品を対象とした商標の登録が完了した。同センターによると、ウニは海藻類がなくなる「磯焼け」の原因となり駆除対象だったが、規格外野菜のキャベツを与えることでウニとして出荷できるようになり、同県内では逗子市や小田原市などで飼育が進んでいるという。

漁業者や関係団体は県の許諾を得ることで商標を無償で使用できるようにする。申請手続きは2021年4月に始める方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン