/

この記事は会員限定です

群馬のJA、経費削減に力 信用事業店舗の統廃合急ぐ

[有料会員限定]

群馬県のJA(農協)が信用(銀行)事業を手掛ける店舗の統廃合を進めている。2023年初めまでに現在より1割削減することが分かった。日銀のマイナス金利政策や人口減少で信用事業の収益は悪化しており、店舗の統廃合による経費削減を進める考えだ。

JA群馬中央会(前橋市)によると、県内に15あるJAで信用事業を手掛ける店舗の数は134(21年4月末時点)。そのうち、5つのJAは23年2月末までに合計13の店舗を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン