/

この記事は会員限定です

都立大の中林氏「首都直下地震、復興計画今から準備を」

東日本大震災10年・専門家に聞く

[有料会員限定]

東日本大震災以降、各自治体は防災に力を注いできたが、万全とはいえない。首都圏の自治体は首都直下地震にどう備えるべきなのか。平時から災害時の将来像を議論する「事前復興」の必要性を説く東京都立大学の中林一樹名誉教授に聞いた。

――首都圏の自治体は何を準備しておくべきでしょうか。

「平時から自治体の総合計画、都市計画マスタープランなどで、20年先に目指す都市像・社会像を市民を交えて議論し、まとめておくこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン