/

この記事は会員限定です

海外選手の五輪前合宿、自治体の誘致断念相次ぐ

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で東京五輪・パラリンピックの事前合宿の誘致を断念する自治体が相次いでいる。国が求める感染防止対策の実施が難しいのが主な理由で、日本滞在を短くしたい外国チーム側が事前合宿を断念するケースもある。

島根県奥出雲町は3月上旬、ホッケーのインド代表チームの事前合宿誘致を断念すると表明した。国の感染防止指針で選手らの移動に専用車両を用いるなどの対応を求められたことが大きい。勝田康則町...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン