/

この記事は会員限定です

元気寿司社長「価格志向強まる」 客層拡大急ぐ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染再拡大で、回復基調にあった外食産業が再び試練にさらされている。元気寿司の法師人尚史社長は「寿司は非日常食として外食のなかでは優位なカテゴリーだ」とみる。テークアウト需要の取り込みに加え、会社員のランチ利用など客層の拡大も図る。関西圏への出店も本格化する考えだ。

「景気低迷が長期化すれば、消費者は価格志向を強めるはずだ」。法師人社長は顧客ニーズの変化をこう予想する。足元の既存店売上高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン