/

この記事は会員限定です

AR・VR、企業向け実証施設 筑波大

[有料会員限定]

筑波大学は拡張現実(AR)や仮想現実(VR)関連の実証実験ができる大型施設を整備する。大学と企業の連携を強化し、エンターテインメントやeスポーツ、防災訓練などに関する新たなビジネスを生み出す場所にしたい考えだ。

研究力を高める狙いで、筑波大は企業の研究開発部門を学内に設置可能にする「B2A研究所」を2021年にも新設する。これに合わせ、7500人規模を収容可能なアリーナを茨城県つくば市中心部に建設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン