/

この記事は会員限定です

茨城の味をシンガポールに 官民でしょうゆや日本酒輸出

[有料会員限定]

茨城県の加工食品や日本酒をシンガポールに輸出する試みが広がってきた。同国は所得水準が高いうえ、電子商取引(EC)が広く浸透し、コロナ禍を受けて巣ごもり消費が伸びている。県などの支援を受け、市場開拓に挑む意欲的な企業も出てきた。

千葉県の野田市、銚子市と並ぶ醤油(しょうゆ)醸造地とされた茨城県の土浦市。創業330年超の柴沼醤油醸造(同市)から分社した柴沼醤油インターナショナル(つくば市)はECを活用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン