/

旧高島屋港南台店 新規テナントに無印やノジマ

21年春にリニューアルオープンする(完成イメージ)

相鉄グループは8日、2020年に閉店した高島屋港南台店(横浜市)のエリアに増床してリニューアルオープンする商業施設「港南台バーズ」について、入居テナントを発表した。地下1階と地上1階は無印良品が入り、関東最大の売り場面積になるという。生活雑貨や衣料品に加え、「食と農」をテーマに地元の旬野菜や生鮮食品なども取り扱う。

増床部分は21年春に開業する予定だ。旧高島屋港南台店と港南台バーズは館内でつながる建物だが、高島屋港南台店の閉店によって両館を港南台バーズとして営業する。

家電量販のノジマ、ホームセンターのコーナン、カジュアル衣料のGU(ジーユー)、ベビー用品のアカチャンホンポなども入る。屋上には遊具エリアを新設する。

同グループによると、港南台バーズの延べ床売り場面積は増床によって約1万7000平方メートル拡大して約3万1500平方メートルになるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン