/

東京都医師会、医療提供体制レベル「このままでは赤に」

東京都医師会の猪口正孝副会長は8日の記者会見で、都内での新型コロナウイルスの感染者数増加について、現在の状況が続くと都が示す医療提供体制の警戒レベルが最高水準になるとの見解を示した。猪口氏は「このままいけば確実に赤になる状況だ。赤にしない方法はたった一つで、みなさんが感染を広げないことだ」と述べた。

都は都内の感染状況を4段階の警戒レベルのうち最も高い「感染が拡大している」に設定している。医療提供体制への評価は現在、上から2番目の「体制強化が必要だ」にとどめている。猪口氏は専門家らによる都の「モニタリング会議」で中心的な役割を担っている。

同会の尾崎治夫会長は「これ以上感染者や重症者が増えれば、コロナ患者も一般患者も守れない」と現場の窮状を訴えた。そのうえで、政府による国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」に関して、一時的な停止を改めて主張した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン