/

この記事は会員限定です

千葉・多古町の大三川邸、築150年超の古民家で宿泊

ちばNewWave

[有料会員限定]

ブランド米「多古米」で知られる千葉県多古町に築150年以上の古民家を再生した宿泊施設「大三川(おおみかわ)邸」が12日開業した。町にはこれといった観光名所がなく、バス以外の交通も不便だが、ゆったり流れる時間やのどかな田園風景を生かした滞在拠点として新たな人の流れを呼び込む。

豪農が代々暮らした県内有数の規模を誇る古民家の母屋や蔵などをリノベーションした。町が所有者に打診され、国の地方創生推進交付金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン