/

この記事は会員限定です

コロナ禍で揺れるコミュニティバス 廃止の自治体も

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

交通空白地帯の住民の移動手段であるコミュニティバスの収益が悪化している。住民の高齢化による乗客数の減少などで減便が進んでいたなか、新型コロナウイルスの影響で乗客減に拍車がかかっている。バス料金を割り引いて利用増につなげようとする自治体がある一方、廃止を決断して乗り合いタクシーに切り替える自治体も出ている。

「毎日のように乗っていたけど、コロナ後は病院とたまの買い物で週1、2回くらいしか乗らなくなっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1224文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン