/

この記事は会員限定です

高齢者ワクチン接種、主要都市6割で医師不足の懸念

(更新) [有料会員限定]

日本経済新聞社が主要都市に新型コロナウイルスワクチンの接種の準備状況を聞いたところ、6割が高齢者の接種のピーク時に必要な医師や看護師を確保できていないことが分かった。高齢者の接種をいつ終えられるか見通せないことなどから、一般住民への開始時期を未定とする都市は7割に達した。ワクチンがスムーズに行き届くかは予断を許さない。

調査は政令指定都市と東京都特別区の計43市区を対象とし、37市区が回答した。高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン