/

小田急、駅ナカ飲食で定額サービス そば・カフェ…

小田急電鉄は駅構内や隣接商業施設の対象店舗で飲食サービスなどを定額で受けられるサービス「EMot(エモット)パスポート」の販売を始めた。同パスポート(初回7800円)を購入すると30日間、小田急のターミナル駅を中心に計44店舗で使える。対象の飲食メニューは3時間以上の間隔をあければ何度でも注文できる。

対象店舗は飲食店ではそば、おむすび、パンの各店やカフェなどがある。生花店でも期間中に5回まで利用でき、対象の切り花から好きな3本を選べる。今後、店舗やメニューを増やしていくことも検討するという。

パスポートはスマートフォンアプリ「EMot」から購入する。店頭で商品を選び、レジ近くなどに掲示するQRコードを同アプリで読み取り、店員に画面を提示して利用する。継続利用の2回目は7500円、3回目以降は7200円と安くなる。1回券や10回券も販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン