/

東京・中央区、コロナの集団接種 聖路加国際病院と連携

東京都中央区は8日、4月以降に予定する新型コロナウイルスのワクチン接種について、区内の基幹的な医療機関である聖路加国際病院と連携すると発表した。平日の集団接種は聖路加病院の1カ所のみを会場とする。

東京都中央区の平日の集団接種を担う聖路加国際病院

ほかの自治体と同様、4月以降に高齢者からワクチン接種を実施する。診療所が多い中央区の地域事情を踏まえて、接種は住民が診療所に出向く「個別接種」を基本とする。ただ、かかりつけ医のいない住民も多いため、区と地域医療で関わりが深い聖路加病院で集団接種も実施する。

中央区は3月以降に接種券を区民に配布する予定だが、高齢者の中でもコロナの重症化リスクがより高い75歳以上への配布を先行させる。高齢者以外の接種は5月以降になる見込みだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン