/

東北絆まつりのプレイベント、実証実験で開催 山形市

東北絆まつり山形のプレイベントが8日、山形市内で始まった。新型コロナウイルスの感染拡大で延期となり、5月に開催を検討中の祭りをアピールする。1都3県で緊急事態宣言が発令されたばかりだが、感染対策を取りながらイベントを開く実証実験に位置づける。

東北6県の祭りを紹介する東北絆まつり山形プレミアムアートコレクションのオープニングイベント(8日、山形市)

JR駅前の複合ビル1階が会場の「プレミアムアートコレクション」は、秋田竿燈まつりや福島わらじまつりなど東北各県の出し物をアート作品のように展示。11日までの4日間に6500人の集客を見込んでいる。観光庁の実証事業に採択され、2000万円の事業費で密を避ける入場方法などノウハウを得る。

SNSへの誘導を図る東北絆まつり山形プレミアムアートコレクション(山形市)

SNS(交流サイト)で情報が拡散した回数など、来場者数に代わるイベントの新たな評価指標も探る。祭りは通常とは別の手法で開くことも検討中で、佐藤孝弘市長は「6県リレー方式で続けてきた祭りのバトンをつなげたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン