/

この記事は会員限定です

東京都知事、看板政策で攻めの一手 脱ガソリン車を表明

[有料会員限定]

東京都の小池百合子知事は8日、都内での新車販売を2030年までに「100%非ガソリン化」する新目標を開会中の都議会定例会で表明した。世界的に脱ガソリン車の動きが加速するなか、環境政策を看板に掲げる小池氏は攻めの一手を打った。

小池氏が30年までに電気自動車などの販売比率を50%とする目標を強化した背景にあるのは、世界の急速な動きだ。例えば英国は30年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン