/

処方箋なしで病院薬が買える薬局、駅ナカに初出店

処方箋なしで医療用医薬品が買える薬局チェーンを展開するSD C(東京・渋谷)は、同社として初の駅ナカ店舗をJR西国分寺駅のホーム上に開業した。オンライン問診による待ち時間短縮も試行し、新型コロナで医療機関の受診を敬遠する人の需要も取り込む。

病院や診療所で処方される医療用医薬品のうち約半数は、薬剤師が対面で少量販売などの条件を満たせば処方箋不要で販売できる。胃腸薬やアレルギー薬など種類は幅広い。同社はこの制度を使った「セルフケア薬局」を池袋や飯田橋などに出店しており、西国分寺店が4店目となる。

ベンチャー支援を手掛けるJR東日本の子会社と組み、オンラインによる事前の問診表の記入や混雑状況の表示によりスムーズに薬を受け取れるようにする。新型コロナの感染リスクを恐れて医療機関を受診したくない人も多く、同社は利便性の高い駅ナカへの出店を決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン