/

たまプラと東京駅結ぶシェアオフィスバス、東急が実験

東急バス(東京・目黒)は8日、田園都市線の市が尾駅(横浜市)やたまプラーザ駅(同市)と都内の渋谷駅や東京駅などを結ぶ「シェアオフィスバス」の実証実験を16日から始めると発表した。バスの車内で仕事をしながら目的地まで過ごせるようにした。

バスは38人乗りで予約制。車内にはWi-Fiや化粧室を備えるほか、パソコン作業ができるクッション付きのトレーの貸し出しサービスもある。たまプラーザ駅午前9時5分発で、東京駅に同10時45分に到着する。逆方向の帰宅用もある。「乗車と同時に仕事を始めれば通勤時間が就業時間になり、朝の時間にゆとりが生まれる」(同社)とする。

4月28日まで平日のみ運行する。便数は行き帰りでそれぞれ一便のみ。運賃はたまプラーザ駅から東京駅で大人片道1400円。新型コロナウイルス対策のため、車内は換気や消毒などをするという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン