/

静岡県、感染拡大緊急警報を解除 変異ウイルス巡り

静岡県は8日、新型コロナの変異ウイルスの感染確認を受け独自に発令した「感染拡大緊急警報」を解除した。1月以降、追加検査で新たな感染者が出ていないことや、新型コロナの新規感染者数が減少傾向にあることを踏まえた。

県危機管理部は「警報は解除したが医療提供体制の逼迫が懸念される状況は続いており、感染防止策を引き続き徹底してほしい」としている。感染拡大緊急警報は川勝平太知事が1月の記者会見で発令を表明し、県境を越えた移動自粛など対策を呼びかけていた。

新型コロナの県独自の警戒レベルも1~6段階のうちレベル5(特別警戒)から4(県内警戒、県外警戒)に引き下げた。人口10万人あたりの1週間あたりの新規感染者数が1月で最多水準だった17人台から5人前後に改善したことなどを考慮した。

8日の県内の新型コロナの新規感染者数は7人だった。静岡市内が3人で、浜松市内は1人だった。両市を除く県の管轄地域が3人だった。合計数が10人未満だったのは11月上旬以来という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン