/

この記事は会員限定です

東京都、都庁をフリーアドレスに 働き方改革を加速

[有料会員限定]

東京都は職員の働き方改革を加速する。2021年3月に個人席を置かない新オフィスを都庁内に設けるほか、職員の手当ての申請などの処理を外部に委託する。職員が企画立案に注力できる環境を整えるのが狙いだ。都が進める構造改革の一環として、新しいアイデアが生まれやすい職場へと変える。

第一本庁舎24階に新オフィスを設置する。デジタル戦略を担う担当部局などが対象で、階級順などで配置された現在のレイアウトを見直し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン