/

この記事は会員限定です

信越の自治体、制度融資を見直し コロナ禍長期化で

[有料会員限定]

信越の自治体による制度融資の見直しが相次いでいる。コロナ禍の長期化で追加の資金や返済計画の見直しが必要な事業者らを支援するためで、自治体は融資の上限金額の引き上げや返済据え置き期間の延長などの対応を急ぐ。金融機関も返済が迫る事業者の相談に乗るなど、官民で地域経済を下支えする。

長野県小諸市は2月から、市の制度融資の「新型コロナ感染症対策資金」を拡充した。貸し付けの限度額を従来の3千万円から5千万円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン