/

この記事は会員限定です

東北公益文科大、入学者V字回復も公立化を議論

[有料会員限定]

東北公益文科大学(山形県酒田市)が2021年春、開学して丸20年を迎える。入学者は右肩下がりだったが、独自施策でV字回復。教育面でも評価は高く、地元の庄内地域に経済効果もある。ただ若年人口の減少は深刻で、県や地元自治体では公立化も含め今後のあり方の検討が始まった。

4年制大学がなかった地元の声を受け、自治体が土地や開設資金を負担する公設民営方式で01年に開学した。全国でも珍しい公益学を学ぶ単科大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン