/

山手線またぐ橋を整備、唯一の踏切撤去へ 駒込―田端間

東京都はJR山手線の駒込駅と田端駅の間にある北区中里地区で線路をまたぐ橋を整備する。このたび国から計画の事業認可を得た。橋の完成後、近隣にある山手線唯一の踏切は撤去される見通しだ。

橋の建設は都道「補助92号線」建設の一環で、すでに橋に通じる道路は整備済み。今回認可を受けた部分の長さは160メートルで、2029年度の完成を目指す。橋の予定地の約200メートル南西側には山手線唯一の踏切「第二中里踏切」があるが、安全配慮を踏まえて、北区とJR東日本は将来的な踏切の廃止について2020年に合意していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン