/

この記事は会員限定です

合併効果で利益倍増へ 第四北越、1000人異動で意識統合

[有料会員限定]

第四北越フィナンシャルグループ(FG)は2024年3月期の連結純利益を200億円と21年3月期(見込み)比で1.9倍と、ほぼ倍増させる計画だ。4月に就任した殖栗道郎社長は「志を一つに『一志団結』し役職員全員が邁進する」と強調。傘下では1月に第四銀行と北越銀行が合併し、第四北越銀行が発足した。合併効果を発揮できれば、経営環境が厳しさを増す地方銀行再編のモデルとなりえる。

「全行員の約3割にあたる約1000名の人事異動を実施」。4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン