/

この記事は会員限定です

日銀の支援策、地銀に広がる活用検討

合併より経費削減先行

[有料会員限定]

全国の地銀で、合併や経費削減など一定条件を満たした場合に日銀の当座預金に0.1%の特別付利が与えられる新制度の活用を検討する動きが広がっている。群馬銀行が制度を活用する方針を明らかにしたほか、横浜銀行などを傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループも意欲を示す。ただ、いずれも経費削減による活用が前提で、合併を条件とした動きとはなっていない。

群馬銀の深井彰彦頭取は日本経済新聞の取材で「店舗などチャネルの効率化で達成したい」と述べ、店舗網の見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン