/

この記事は会員限定です

首都圏の自治体、苦境の中小や飲食店支援

東京・荒川区、融資制度を新設/千葉市、テークアウト推進

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で発令されたことを受け、首都圏の自治体は苦境が続く中小企業や飲食店などへの支援を進める。融資制度の新設やテークアウトの推進などに取り組むほか、中小で課題となっているテレワークの定着も目指す。

東京都荒川区は区内の中小を支援するため、最大1千万円を融資する独自の制度を新設した。借入期間は最長8年、負担利子は区の融資では最低水準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン