/

岐阜知事選、4氏が立候補 半世紀ぶり保守分裂

7日告示した岐阜県知事選は同日夕に届け出が締め切られ、現職と新人計4人による争いが確定した。自民党県連の支持は現職と元官僚の新人で割れ、岐阜県知事選で1966年以来の保守が分裂する激戦となる見通し。24日に投票、即日開票される。

立候補したのは元内閣府官房審議官の新人江崎禎英氏(56)、元教諭の新人稲垣豊子氏(69)=共産推薦、元県職員の新人新田雄司氏(36)、5選を目指す現職古田肇氏(73)。

現職として新型コロナウイルス感染症対策に専念すると表明している古田氏は7日午後も県庁で公務に当たった。代わりに陣営の街宣車が大垣市など県内を回った。

江崎氏は羽島市などで街頭演説し「正しいコロナの終わらせ方を岐阜県から始めたい」と政府でコロナ対策を担当した経歴をアピールした。

稲垣氏は岐阜市役所前で「コロナの中で収入が減った人など本当に困っている人に行き届く県政を実現したい」と演説した。新田氏は美濃加茂市などを回り、自らポスター貼りをした。〔共同〕

◇立候補者(届け出順)

江崎 禎英56 元経産官僚 無新

稲垣 豊子69 元教諭   無新

新田 雄司36 元県職員  無新

古田  肇73 知事    無現

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン